da

 

 

music

studio

purchase

 

First Released Studio Master Tapeskazu matsui

今回リリースを可能にしていただいた松居和氏をご紹介致します。

1954年、東京生まれ。慶応高校在学中に尺八奏者宮田耕八郎師に指事。NHK邦楽技能者育成会に最年少で受かる。慶応大学哲学科在学中に休学し、一年半にわたりシルクロード、インドを旅する。その間ロンドンからインドまで車で走る。カリフォルニア州立大学(UCLA)民族芸術科に編入、卒業。
UCLA在学中に尺八奏者としてテレビ映画「将軍」のサウンドトラック(モーリス・ジャール音楽)に参加、アメリカにおける音楽活動を始める。その後、ジョージ・ルーカス制作「ウィロー」、スピルバーグ監督「太陽の帝国」、ブラッド・ピット主演「レジェンド・オブ・フォール」、シュワルツネッガー主演「レッドブル」「コマンドー」、アントニオ・バンデラス主演「マスクオブゾロ」「レジェンドオブゾロ」、エディー・マーフィー主演「ゴールデンチャイルド」「続48時間」はじめ多数のアメリカ映画に参加。

ジョニ・ミッチェル「Dog Eats Dog」、ライ・クーダー「Slide Area」、ケニー・ロギンズ「Leap the faith」、ジョージ・ハリソン プロデュースによるシタール奏者ラビ・シャンカルの「East meets East」他、多数のアーティストのアルバムに参加。
自らのアルバムを16枚制作。音楽プロデューサーとして多数のアーティストを手がける。日本映画「首都消失」、チャカ・カーン、ジェームス・イングラム、パティ・オースチン、フィリップ・ベイリーを配した全米ツアー「Night on the town」の音楽監督を務める。

沢山ある彼の制作したアルバムの中から代表する3枚を選びお届け致します。

 
 
 
 
time no longer

Kazu Matsui Project

Time No Longer

 
 

 

カズ・マツイ・プロジェクト 『Time No Longer』
ラリー・カールトン、リー・リトナー、ロベン・フォード、スティーヴ・ルカサー、
当時のL.A.シーンを代表する4大ギタリストの勢揃いした1981年の名作。 仔細はこちらか



 
direction west

Kazu Matsui Project featuring Calros Rio

The Direction-West

 
 

 

カズ・マツイ・プロジェクト 『The Direction-West』 
カズ•マツイ、カルロス•リオを中心に1982年のウエストコースト豪華ミュージシャンをそろえたクールサウンド! 仔細はこちらから


 

 
standing on the outside

Kazu Matsui Project featuring Robben Ford

Standing on the Outside

 
 

 

カズ・マツイ・プロジェクト featuring ロベン・フォード『Standing On The Outside』

ロベン・フォード『Love’s A Heartache』としても知られる1983年の名作が
タイトル曲の別ヴァージョンなど、アメリカ盤マスターテープ! 仔細はこちらから